会長年度方針

クラブ会長

名古屋昭和ロータリークラブ
2018~2019年度会長
柴田 義介

クラブ会長方針

インスピレーション みんなの活動で すばらしいロータリーを
RIテーマ

インスピレーションになろう(BE THE INSPIRATION)
地区方針

あなたの街でロータリーを!あなたの街からロータリーを!
― ロータリーの奉仕の理念を学び、奉仕の実践をしよう ―
クラブ会長方針

インスピレーション
みんなの活動で すばらしいロータリーを
RIテーマ

インスピレーションになろう
(BE THE INSPIRATION)
地区方針

あなたの街でロータリーを!
あなたの街からロータリーを!
― ロータリーの奉仕の理念を学び、
奉仕の実践をしよう ―

名古屋昭和ロータリークラブ会長方針

本年度のバリー・ラシンRI会長は、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を クラブ、地域社会そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となる必要があるとして、テーマを「インスピレーションになろう」(BE THE INSPIRATION)に決定されました。
第2760地区 村井總一郎ガバナーは、まずロータリー活動の基礎となる奉仕の理念を学び、その実践を自分自身が活動している街、地域、生活圏、クラブでしっかりと行い、そして同時にそこからロータリー活動を広げていこうという意味を込め、今年度の地区の活動方針を「あなたの街でロータリーを!あなたの街からロータリーを!」とされました。
そこで、会員の皆様が奉仕の理念を学び、前向きな心で品位をもって、クラブ、地域で活動することによって、楽しいロータリーライフ、素晴らしいロータリークラブになるよう、本年度の名古屋昭和ロータリークラブの方針を「インスピレーション みんなの活動ですばらしいロータリーを」とさせていただきました。
会員の皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

重要課題

1.「奉仕の理念」の理解を深め、充実した活動を
2.会員増強・退会防止に努める
3.楽しい充実した例会にしよう
4.友好クラブをつくろう

地区方針

2018-19年度
地区活動方針

『あなたの街でロータリーを!あなたの街からロータリーを!』
-ロータリーの奉仕の理念を学び、奉仕の実践をしよう-

 
今、世界のロータリー活動は変化してきています。個人の職業上で奉仕を実践する歴史を歩んできた日本のロータリー観と、多くの人と手を取り合いながら奉仕活動をしてゆく世界のロータリー観との違いは、今の日本のロータリー活動の在り方について考える必要が出てきました。奉仕の理念を大切にすることを求める日本のロータリーは世界から取り残されるのでしょうか。それとも世界に類を見ない素晴らしい活動として認められるのでしょうか。
私は日本のロータリーの拡大の歴史の中で醸成された、職業奉仕を中心とした奉仕の理念の解釈や活動のすべてを時代遅れと考え、現在の世界のロータリー観にすり寄ることが日本のロータリーを支えていく道であるとは思いません。バリー・ラシンRI会長は国際協議会でのテーマ講演でマザー・テレサの話を引用され次のように話されました。「世界を変えたいなら、うちに帰って家族を愛しなさい。まずは自分を変えることから始め、そこから外に向けた努力をしなさい」と。これは、ロータリーの組織を支える際に、私たち全員が心に刻むことです。
そこで私は今年度の地区の活動方針を『あなたの街でロータリーを!あなたの街からロータリーを!』と致しました。まずロータリー活動の基礎となる奉仕の理念を例会の中から学び、その実践を自分自身が活動してる街、地域、生活圏、クラブでしっかりと行い、そして同時にそこからロータリー活動を広げていこうという意味を込めました。そして奉仕の理念を学ぶ機会の一つとして、近くのクラブの例会に出向きビジター出席して分区内交流を図ることも重要だと思います。他のクラブの活動に触れたり、見たり、情報を交換することで、その良さを感じることが出来るとともに、自分のクラブの良さを再発見することが出来ます。そしてそれらの活動は、ロータリアンとして奉仕の理念を確立し、奉仕の実践に結び付けてゆくことに大きく役に立ちます。
奉仕の理念に基づく行動は、ロータリーの公共イメージを確立させ、多くの奉仕の仲間と手を結ぶこととなります。理念だけを学び個人の奉仕を強調することだけをロータリーの唯一の活動とし、クラブとしての奉仕活動には参加しない、というのでなく、奉仕の実践に結び付けなくては意味がありません。各クラブの活動の中で会員同士がアイデアや情報を交換し刺激し合い、意義ある奉仕活動を、自らの足元から行うことが会員としてのロータリーにおける活動の第一歩だと思います。そしてさらに外の世界に向けてその良さを発信し、他のロータリークラブと手を携えて奉仕の実践を行うことも必要だと考えます。
バリー・ラシンRI会長テーマの『インスピレーションになろう』は、私たち自身がこのロータリーの活動を前進させる活力になろうということだと思います。それぞれの会員とクラブがまず身近なところで、刺激となり、鼓舞しあい、前進する活力になりましょう。私たち一人一人がこの地区のロータリー活動を通してインスピレーションになろうではありませんか。そしてそこからインスピレーションを発信していきましょう。今日から、今から、まずあなたの街でインスピレーションになりましょう。

【活動の内容】

 分区内交流活動を奨励します

1.分区内の近くのまたは少し離れたクラブの例会に出席しましょう。
  入会3年未満の会員を、先輩会員が付き添って他クラブに出向いてください。
  クラブの運営や奉仕活動にヒントとなるアイデア(インスピレーション)がきっと見つかるはずです。
2.クラブ同士で卓話者の交換を行いましょう。
  できれば、ロータリー観、職業観、ロータリーでの奉仕活動の体験談を話してくだい。
3.2クラブ合同でガバナー訪問されたクラブ同士は、ホストを変えて合同例会を企画してみてください。

 工夫した例会を開催しましょう

笑いが起きる楽しい例会運営をしましょう、ただし私語はやめましょう。
入会式が心に残るセレモニーとしましょう。
会員のミニスピーチなど、色々と楽しい企画を実施しましょう。

 ポリオ撲滅に貢献する活動をしましょう

ポリオ撲滅はRIの最優先項目で、本当にあと少しのところに来ています。
WFF事業を公共イメージの向上とポリオ撲滅への理解と募金活動の場として多くの会員の方に協力してもらうイベントとします。
その他、いたるところでポリオ撲滅を意識した行動をお願いします。

 会員増強を行いましょう

ともに活動する仲間を増やしましょう。特に女性や若い会員の増加を図りましょう。入会した新会員には、しばらく推薦人の方か決められた会員がついて、ロータリー活動を教えてあげてください。
ローターアクトやインターアクトのホストをされているクラブは、会員増強にともに努力してください。

 ロータリーデ―を楽しみましょう

ロータリーデーとは日々行っている活動を地域の人びとに紹介するために、地元のイベントとしていつでも開催できます。入会への関心を高めイメージの向上を図るのがロータリーデーです。クラブと地域社会のつながりを築き、変化への行動力を生み出すためのロータリーデーを実施しましょう。

 ロータリー賞へ挑戦しましょう

 

 国際大会(ドイツ ハンブルク)に参加しましょう

2019年6月1日~5日 ガバナーナイトにも参加しましょう。
~ハンブルクで一生の思い出をつくろう~

ガバナー特別賞

 
My ROTARY登録がクラブ会員の40%以上で、かつ、クラブの事業が地区ホームページに
少なくとも一つ以上掲載されており、次のどちらかを達成したクラブをガバナー特別賞とします。

1.地区の活動方針に沿って有意義な事業となった活動で、クラブ会長より申告があり、
  ガバナーも認める成果を上げたクラブ
  
2.米山記念奨学事業として①②の両方を達成しているクラブ
  ① クラブ一人平均2万円以上の寄付額を達成(特別・普通寄付合計金額)
  ② クラブ特別寄付率80%以上を達成(特別寄付人数÷クラブ会員数)

表彰の対象となる期日は2019年3月31日現在とします。未完の事業は申告時に完了時期を
明記して下さい。また、小数点以下切り上げとします。